スタッフブログ

【第2弾】「収納上手な暮らし」をしませんか?

須藤 春香 自己紹介へ

(第1弾は「こちら」から。)

【第2弾】「収納上手な暮らし」をしませんか?

欲しい場所に必要なだけの収納を。

前回に引き続き、家には欠かせない「収納」のお話。

第2弾は、洗面室の収納について。


②洗面収納

https://www.haru-kyoto.com/co_photo/8ffb02f97fc1b387765ea9883f065f8c-82.html

すっきりと片付いた洗面室って、気持ちがいいですよね♪

毎日使う場所だから、キレイに片付けていつも気持ち良くしておきたいです。

現実ではこんなにすっきりと片付いた洗面室なんてない…と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、そんなこともないんです。

第1弾でもお話したように、あるべき場所に、モノの「居場所」をつくってあげる。

そうすれば「収納上手な暮らし」の実現に近づきます!

最初から、「このお店のこのボックスをここに置いて、これを収納する!」と決めておいてもいいくらいなんです。

プランを考える段階で、モノの居場所をつくってあげましょう。

 

https://www.haru-kyoto.com/co_photo/3e5aea2dd22d3cc110d74f30f6417c0e-82.html

 

あえて見せる収納にすることで、いらないものを置かなくなったり、いつも綺麗だから急な来客があっても困らなかったり…

流行りのミニマリストになれるかもしれません♪

また、ちょっとした棚があるだけで、そこに物を置く習慣ができ、カウンターはいつもスッキリ!

自然と片付け上手になれる収納計画をすれば、日々のストレスも軽減されるかも。

いつもスッキリと片付いているおしゃれな洗面室って、誰もが憧れますよね~

 

洗面収納をつくる時に注意しなくてはいけないポイント

「洗面室の広さに合った収納をつくること」

洗面室に置くもの。

タオル、パジャマ、下着、洗濯カゴ、ハンガー、ドライヤー、歯ブラシ、洗剤、ストック類…

書き出してみると、意外とたくさんありますよね。

もちろん、家族の人数が増えれば量も増えていきます。

それらを収納するために、収納スペースが多くつくることが快適な暮らしにつながるでしょうか?

…そうとは言えないかもしれません。

洗面室は、敷地や延床面積、予算などもあるので、大きなスペースを確保できないことが多いです。

限られたスペースの中に、収納を重視してプランを考えてしまうと、肝心な動線が悪くなってしまったり、

混み合う朝の時間に、身動きが取れなくて不便な思いをしたり、

収納がありすぎて物がどんどん増えていったり…

洗面収納をつくる時に大切なことは、洗面室に合った大きさの収納スペースを設けること。

また、生活をイメージして、収納するモノを書き出して、まとめてみること。

1年に1回くらいは物の整理をし、モノと向き合ってみるのもいいかもしれませんね♪


HARUのやさしい家をつくるには、収納計画は欠かせません。

整理収納アドバイザーが、ご家族に合った収納計画を考え、ご提案しています♪

https://www.haru-kyoto.com/co_photo/349b16cb657c7aa09846233aef978c96-82.html

第3弾は、パントリーについて、更新させて頂こうと思います!

お楽しみに…!

皆さま、よいGW・よいおうち時間を(^^)

 

 

京都で高気密・高断熱の住宅を建てるHARU建築事務所

HARU建築事務所をよろしくお願いします!

記事一覧

1ページ (全8ページ中)

ページトップへ