磯野 咲希 自己紹介へ

HARUのモデルハウスを振り返ろう!②

2023/12/09(土) 家づくりのこと

こんにちは。HARU建築事務所の磯野です!


先週これまでのHARUのモデルハウス第1段をご紹介しました!

旗竿地でも明るく開放感あるお家でした。

詳しくはこちら

 

さて今週は第2段のモデルハウスをご紹介します!

 

②周囲が住宅に囲まれながら、2階リビングで明るい暮らし

 

こちらは2階リビングのモデルハウス!

京都市内は1件あたりの敷地が小さいことが多く、住宅も密集しているので、日光の明るさを取り入れやすい2階をリビングにするのをおすすめすることがあります。

逆に寝室は夜寝る場所なので、暗くても大丈夫という意味で1階に移動し、間取りを調整します。

 

また、このようなトップライト(天窓)も通常の窓と比べ、3倍の明るさを取り込めるため効果的です!

真夏は遮光ロールスクリーンを取り付けると、直射日光も防げますよ~

 

さて、こちらのお家かわいい部分がありまして…

ゆったりと使えるユーティリティですが、「ウッドワン」の洗面化粧台で、本物の木のデザインがかわいいんです!

他にもニッチや収納棚など、造作箇所がたくさんあるので、こだわりのある洗面空間になりました◎

 

そしてこちらはシューズクローク。

一見、オープンなシューズクロークなのかなと思いきや、実は建具が隠れています!

天井上吊りのハイドアのため、引き戸をあけると完全に隠れすっきりとした見た目になります。

こちらのドアもよくHARUでおすすめさせていただいております♪

 

最後にこちらのお家の敷地について…

お気づきでしょうか。やっぱり前回同様、旗竿地です(笑)

そうなんです!HARUは結構旗竿地や狭小間口で、快適なお家にすることが得意です!

 

ぜひ京都市の狭い敷地でお悩みの方は、新築・戸建てリノベーションなど、お気軽にご相談くださいね。

 

こちらのすまいのフォトギャラリー


 

 

 

 

 

 

1ページ (全42ページ中)