磯野 咲希 自己紹介へ

HARUのモデルハウスを振り返ろう!①

2023/11/29(水) 家づくりのこと

こんにちは!HARU建築事務所の磯野です。

 

先日HARUの新しいモデルハウスが完成し、ブログやSNSなどでご紹介させていただきました!

 

さて、ふと思いついたことですが、これまでのHARUのモデルハウスを見比べてみたら、よりHARUの家の特徴が見えやすいのではないかと思いました。

そこで3回のブログでまとめてご紹介させていただきます♪

 

①縦長な敷地でも、光がたっぷり&家事動線ばっちりな住まい

いわゆる「旗竿地」の敷地だったこちらのモデルハウス。

家の中はリビングからダイニング、脱衣室にかけて縦長に部屋が配置されました。

ただ、ひたすら奥に進まないといけない億劫さ感じさせないほど、細かく計画された家事動線が魅力!

シューズクローク↔手洗い場↔パントリー↔脱衣室がそれぞれ隣接し、帰宅後の流れ、家事の流れを考慮した間取りになっています◎

 

詳しい間取りはこちらをチェックしてみてください! ↓↓

HARUの参考モデルプラン①

 

そして旗竿地だからこそ作れる、長いアプローチ。

石材を敷き植栽すると、とっても雰囲気の良いエクステリアになりました♪

 

旗竿地って一見物凄く不利な土地のように感じるのですが、個人的には旗竿地のお家大好きです!(笑)

真四角にどーんと大きくお家をつくることは難しくても、工夫次第でとっても魅力的なお家が建てられます。

 

HARUではお家のプランニングを行う設計士が、土地探しも一緒にさせていただきますので、ぜひ土地や物件で悩まれている方もご相談くださいね!

 

それでは、次回第2段モデルハウスをお楽しみに~


 

 

 

 

 

 

1ページ (全42ページ中)