未来を見据えた気密性

高気密住宅が叶える

光熱費を抑えた、家計にやさしい暮らし。

 

次世代の断熱性

もう家の中で暑さ・寒さを感じない。

1年を通じて穏やかに、快適に暮らせます。

 

家族を守る耐震性

屋根・壁・床がつながったモノコック構造により

実現する、地震に強くたくましい家。

 

高気密であること

H+を次世代型自動車の燃費率に置き換えてイメージしてみてください。
つまりそれは、月に一度の給油でどこまでも走ってくれるクルマのように、1台のエアコンで家じゅうずっと快適になれる家。

エアコンは設定温度が保たれるとアイドリング状態になります。気密性の高い家は冷たい・暖かい空気が漏れていかないから、エアコンをゆる~く稼働させておくだけで、光熱費をぐっと節約できるのです。

 

高断熱であること

H+では、夏は陽射しを遮り、太陽が低くなる冬は逆に取り込んで暖かくするパッシブデザインを採用しています。

それに加えて断熱材の量・質も大手ハウスメーカーと変わらない、あるいはそれ以上です。

そのおかげで、夏涼しく冬暖かいが実現。気になる生活音もシャットアウトしてくれます。

 

高耐震であること

京都だけは大丈夫、と思っていても多くの活断層が私たちの住むエリアに通っていることは、すでに発表されている通り。地震が来たら一瞬でやさしい暮らしが途絶えてしまう…そんな住まいは不安ですよね。私たちは耐震性にもこだわり、警察や医療機関基準である耐震等級3を標準仕様としています。また、地震保険に加入される場合も保険料が減額されます。

H+の快適性には、いざという時もちゃんと家族を守れるという安心感が伴っています。

ページトップへ